品質保証のとりくみ

商品検査の流れと判断

コープきんきでは、新規取扱予定商品の事前検査(新規検査)、宅配食品事業で取り扱っている商品の抜き取り検査(流通品検査)をおこなっています。


検査機能の紹介

微生物検査

微生物による食品の腐敗や変敗、食中毒を未然に防止するため、新規取扱時や抜き取り検査を行っています。検査結果は取引先にフィードバックし、品質向上に役立てています。

【検査項目】
一般生菌、大腸菌群、E.coli、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ、クロストリジウム属、乳酸菌、酵母、低温細菌、カンピロバクター、セレウス菌

食品添加物検査

自主基準により、使用を制限している添加物の中で、一般的に使用量が多い保存料、発色剤、着色料などの検査を中心に実施しています。

●商品が仕様書どおりか、また添加物が使われている場合、使用基準に適合しているか検査しています。

【検査項目】
保存料(ソルビン酸、安息香酸、デヒドロ酢酸)、亜硝酸塩、漂白剤(二酸化イオウ)、合成着色料(赤色2号,3号,40号、102号、103号、104号、105号、106号、黄色4号、5号、青色1号、2号、緑色3号)、防カビ剤(TBZ,OPP,イマザリル)、保存料(パラオキシ安息香酸エステル類、プロピオン酸)、甘味料(サッカリン、アスパルテーム)、酸化防止剤(BHA、BHT、TBHQ)

残留農薬検査

●野菜、米、冷凍野菜、果物、農産物を主原料とした加工品の農薬検査を実施しています。

【検査項目】
有機リン系、有機塩素系、含窒素系、ピレスロイド系その他農薬

動物用医薬品検査

●牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、たまご、うなぎなどを対象に抗生物質、合成抗菌剤やホルモン剤などの検査をしています。

【検査項目】
合成ホルモン剤、抗生物質

PCR検査

●大豆、とうもろこし、じゃがいも、およびこれらを原材料とした加工品について遺伝子組換え原料の使用の有無を検査しています。

●コシヒカリへの多品種米混入有無の偽装を受けて、米の品種特定の検査をしています。

●食肉原料の偽装問題を受けて、牛、豚、鶏、羊、馬、兎、原料肉100%使用表示商品のミンチ、ハンバーグ、ミートボールなどの畜種判別の検査をしています。

【検査項目】
遺伝子組換え(大豆、とうもろこし、じゃがいも、パパイヤ)、米品種特定、うなぎ品種特定、畜肉種特定

特定原材料検査

●食品に含まれる特定原材料(小麦、乳、卵、そば、落花生)の検査を行い、表示内容に問題がないか検証しています。

【検査項目】
小麦、乳、卵、そば、落花生、[えび、かに(準備中)]

重金属、微量元素検査

重金属検査とは・・・

●近年、工業排水などの水質汚染により、重金属といわれる水銀などの有害物質が魚介類の体内に溜まっているということが問題になっています。また土壌中に含まれるカドミウムを稲が吸い上げることによってお米に含有されることにもなります。

●食品中(近海魚やお米など)のカドミウムや鉛、水銀などの重金属検査を実施します。

微量元素検査(産地判別)とは・・・

●微量元素検査とは・・・栽培地の土壌条件の違いなどから産地を判別する技術です。(2011年度中の開始を目指しています)
例:黒豆、梅、ごぼう、ねぎ、しょうが、昆布、にんにく、玉ねぎ

Copyright(c)2006 - CO-OP KINKI. All rights reserved.