品質保証のとりくみ

健やかな毎日は、安全・安心の食生活から

コープきんきでは、「安全・安心」な商品を組合員にお届けするために、商品の品質や安全性についての管理をおこなっています。

2008年に発生した手作り餃子中毒事故や産地不適正表示問題の反省と教訓から、コープきんきは品質保証に関する仕組みを抜本的に強化するために、外部有識者を含む品質管理検討委員会を設けました。

品質管理検討委員会では、コープきんきの問題点と再発防止のための課題を検討して、2008年7月に理事会への答申をまとめました。コープきんきは、品質管理検討委員会の答申にもとづいて、品質保証体系の具体化と実践をすすめ、2009年4月より、新たな品質保証体系をスタートさせました。

新たな品質保証体系にもとづいて、商品検査の強化、お取引先の工場点検、特定指定原料(偽装リスクの高い商品、食中毒など危害リスクが高い商品)の点検などをおこなっています。

商品検査センター「コープ・ラボ」

商品検査センター「コープ・ラボ」は、コープきんきが進める「品質保証体系」のかなめとなる施設です。

「供給する商品の安全性を確認する」とともに、会員生協の組合員や職員に「食の安全」学習や関連する情報の提供をおこないます。

商品検査センター「コープ・ラボ」は、大阪いずみ市民生協の新・商品検査センターをコープきんきと大阪いずみ市民生協が共同で運用します。
検査機能をさらに充実・強化し、食品の安全性を科学的に検証していきます。

コープきんきでは、食品の安全性を確認するために、自主基準にもとづいて商品検査をおこなっています。

  • 検査の機能
  • 見学について

食品等の放射性物質汚染に関わる関連リンク集

関連リンク集

食品等の放射性物質汚染に関わる関係団体・行政機関のQ&Aや検査データのリンク先を紹介しています。


Copyright(c)2006 - CO-OP KINKI. All rights reserved.