コープきんき事業連合は、滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山の7つの生協を会員とする事業連合です

生活協同組合連合会コープきんき事業連合 品質方針

コープきんきは、会員生協組合員の食をはじめとする「ふだんのくらし」へのお役立ち度を高めるとともに、会員生協の経営に貢献することをめざして、会員生協とともにコープきんきの事業をすすめます。

コープきんきは、事業の大前提として、法令遵守や個人情報保護、環境への配慮など、社会的存在としての責任を果たすとともに、以下の品質マネジメント上の課題を追求します。

  1. 安全でより良い品質の商品・サービスのお届けを追求します。
  2. 組合員の声と参加そして役職員の創意工夫で商品・サービスの開発・見直しや品揃えなどの改善をすすめます。
  3. より「確かな仕事」をすすめます。
  4. 信頼される職員をめざします。
  5. 取引先との共生をめざします。

コープきんきは、年次の品質目標を明確にし、マネジメントシステムの運用により継続して商品・サービスの品質向上をすすめます。

すべての役職員はそのことを着実に前進させていくために、「Step Up きんき」を行動の指針にして、業務を遂行します。

「Step Upきんき」で3つのアップを目指します

  • 1.生協への信頼度アップ
  • 組合員に安心してご利用いただくために、商品・サービスの安全と品質の向上に取り組みます。
  • 2.商品と売場の魅力アップ
  • 組合員要望に応えた品揃えと、利用して「よかった」と実感できる商品の開発・調達を行ないます。
  • 見やすく利用しやすい商品カタログで組合員の暮らしをサポートします。
  • 商品構成やカタログ作成についての改革を推進します。
  • 3.組合員の暮らしを守る力のアップ
  • お買い得商品や簡便商品の品揃えを強化し、家計や暮らしを応援します。

この品質方針は、コープきんきの組織内外に公開し、すべての役職員に周知徹底し、 実行します。

2014年3月21日

生活協同組合連合会コープきんき事業連合