コープきんき事業連合は、滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山の7つの生協を会員とする事業連合です

コープきんき事業連合の沿革

2002年1月26日
近畿の7単協が日生協全国共同開発商品の共同仕入を行うために「近畿地区事業連帯推進協議会」を結成
2003年7月23日
生活協同組合連合会コープきんき事業連合創立総会
2003年9月25日
設立認可
2003年9月29日
設立登記
2003年度
日生協全国共同開発商品の共同仕入(宅配食品事業)
コープきんき共同開発商品デビュー
2004年度
京都生協と企画統一(宅配非食品事業)
非食品物流センター稼動
2005年度
飲料・酒類の共同化(宅配食品事業)
コープしが、コープ北陸と共同化(宅配非食品事業)
2006年度
ドライ商品・冷凍食品の共同化(宅配食品事業)
商品案内カタログの共同化・共同編集室の稼動(宅配食品事業)
2007年度
水産・畜産加工・日配の共同化(宅配食品事業)
飲料の共同仕入(店舗事業)
2008年度
農産・精肉・米・牛乳・卵の共同化(宅配食品事業)
加工食品・菓子の共同仕入(店舗事業)
2009年度
新たな品質保証体系の運用開始
発注の統一(宅配食品事業)
商品苦情・組合員の声対応システムの稼動
2010年度
ギフト事業の共同化
商品検査センター「コープ・ラボ」開設
インターネット受注共同基盤の構築
2011年度
コープきんき九州事業所(九州FDC)開設
日配・日用雑貨の共同仕入(店舗事業)
お取り寄せ宅配(うまいもの宅配)事業開始
「自動注文・いつでも注文」システムの共同運用
2012年度
コープきんき関西事業所(関西FDC)開設
日配部門の漬物の共同仕入(店舗事業)
2013年度
3生協店舗事業連帯機能の拡大(コープしが、京都生協、ならコープ)
店舗基幹システム導入(3生協店舗事業連帯)
畜産加工品の共同仕入(店舗事業)
カタログ帳合事業開始
ペイジー、クレジット決済システムの導入
2014年度
新非食品物流センター稼働
2015年度
特定ニーズに対応する拡張型宅配事業を開始
インターネットでの加入受付システム構築
2016年度
「旬グルメギフト」「お祝い・お返しギフト」を通年で開始(ギフト事業)
2017年度
インターネット注文(eフレンズ)登録組合員50万人突破
「キッチン・メモ」チラシに、1分間レシピ動画を掲載
会員生協による共同宣伝として、初のテレビコマーシャルを放映